書店にて第2回読書会(書評哲学カフェ)開催しました

7月25日に神奈川県茅ケ崎市にある老舗書店・長谷川書店さんで「心理学から哲学、そしてまた哲学へ―フロイト『精神分析入門』を読む―と題した、2回目の読書会(書評哲学カフェ)を開催しました。今回も❛月子❜がファシリテーター(進行役)を務めました。


この読書会(書評哲学カフェ)は、もともと418日に予定されていたもの。

折しも新型コロナウイルス感染拡大が懸念されていた時期、中止/延期となっていました。


ようやく開催にこぎつけた今回の読書会には、4月の会に申し込まれ、再開を待っていてくださった方々を含む、20代~70代以上の男性女性の方々にご参加いただきました。 また今回、初の試みとして、会場とzoomとで同時開催しました。

会場参加が基本スタイルですが、再び感染症が拡がった時などに、一部でもzoomに切り替えられるよう、zoom参加を希望される方にご案内、実施しました。


実際のところ、zoom環境も含めて、改善点はいろいろありましたが、参加者の方々からいただいたご意見やご感想をもとに、今後もよりよい場づくりに務めていきたいと思います。 次回は10月~11月頃の開催予定です。

すでに書店にお客さんから次回開催についての問合せが来ている、という嬉しい情報が昨日入ってきました!


8月から選書作業に入ります。


text/Tsukiko






© 2019-2020 by office MOSAICMOSAIC LLC.

special thanks to Klementinum (background photo)

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Google+ - Black Circle